K-HOUSEが大切にしていること

  • 飽きの来ないデザイン
  • 色使い
  • 丈夫な躯体
  • 世界にひとつしかない家
  • 人に優しい空間づくり

エコハウスの提案

既存住宅の95%が断熱性能の低い家といわれています。
断熱性能の低い家は外気温の影響を受けやすくなります。

例えば冬の場合、断熱性能が低い家ではどんなに暖房温度を上げても体感温度は低いままです。
その結果余計に暖房温度を上げることになり、環境に悪影響を与えるだけでなく、暖房費もかさんでしまいます。

光熱費の負担を減らす

エコハウスは光熱費の負担を大きく減らすことができます。
断熱レベルが上がれば上がるほど、年間の冷暖房費をぐっと抑えることが可能です。

K-HOUSEの断熱

基礎断熱

K-HOUSEでは基礎の外周に断熱材を使います。
防蟻処理したEPS 断熱材の上にベースコートを塗り、メッシュシートを張ります。
その上にベースコートを塗り重ね、シーラー塗布した上にトップコートを塗布して仕上げます。

壁の断熱

壁の断熱は、柱間に充填断熱し、外壁の面材の外に付加断熱材を張り、基礎と同じような仕様にします。
外壁の仕上げは塗壁になりますが、板張りも対応できます。

窓の断熱

断熱には窓の性能もとても重要です。
K-HOUSEでは樹脂サッシしか使いません。
基本はトリプルガラスですが、窓種によって小さな窓はペアガラスになります。

換気と気密

快適な住まいづくりには断熱性や気密性だけでなく、換気のシステムも重要です。
K-HOUSEでは、換気によって熱を失うことがない熱交換システムを導入しています。

内装壁

K-HOUSEではビニールクロスは使いません。
ドイツの壁紙ルナファーザーを張った上に、ホタテの貝殻を主原料とした、漆喰壁を塗布します。

調湿効果によって、室内環境がより快適になります。
超アルカリ成分なので殺菌と消臭作用もあります。
住む人の健康のためには、断熱レベルが高い住宅選びが必要です。

断熱性能のグレード UA値


単位: W/(㎡・K)
事務局:(一財) 建築環境研究所・省エネルギー機構

※K-HOUSEではG2水準の0.34W/(㎡・K)以下

K-HOUSEの家づくりは豊かな暮らしを提案します

滋賀で住宅を建てるなら、株式会社K-HOUSEにおまかせください!
ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら